同じように見える2本の注射針

同じように見える注射針ですが……

先日、出入りのディーラーさんが、商品サンプルをもってきてくれました。
「先生、このH社の注射針は今お使いのものと同じ規格ですが、半額でお納めできます!」
わたしが歯の麻酔に使っている注射針は、国産(ミサワ医科工業製)の超極細針です。あまりに細すぎて、タイミングが合うと患者さまが「いつ麻酔したのかわからなかった」とおっしゃるくらい痛みを軽減させてくれます。
患者さまは無痛、わたしたちも嬉しい、とってもいい針です。
でも、最大の欠点が高いということ。普通の針の2倍くらいの値段です。かといって、保険は「極細注射針にかかる費用」なんて面倒見てくれません。注射針の分だけ差額を貰うと混合診療(違法)となりますし、これを使うためには医院がその費用を負担するしかありません。
「患者さまのためだし、しょうがないよね」
そう思って、この高い針をずっと使ってきました。しかし、同じ極細規格で半額(普通の針と同じ値段)の針があるなら、断然そっちが良いに決まってます。早速サンプルをテストさせてもらったのですが……。
「悪いけど、これ持って帰って。使えないよ」
同じ規格、同じ太さ、マイクロスコープで針先の形状を確認しても同じです。でもテスト歯肉に刺入してみると、高い針はスッと刺さるのに安い針は抵抗感が大きいのです。つまり、それだけ患者さまが感じる苦痛が大きくなる可能性があります。最初は気のせいかとも思ったのですが、副院長に試してもらっても「わたしもこれは使いたくない」との結論。
H社には悪いと思うのですが、ミサワ医科工業の針の方が、目に見えないレベルの仕上げ精度が高いとしか考えられません。大変魅力的なコストだったのですが、採用を見送りました。
経営者にとってコストダウンは大切なことです。でも、コストダウンより大切なものもあります。
無痛治療に最大限の配慮を怠らないこと。それがわたしたちの誇りです。

 

カテゴリー: 院長ブログ   タグ:   コメントをどうぞ


昨日は、丸一日口腔外科実習の日でした。
有名な先生の勉強会に参加しようとすると、東京・大阪・福岡場合によっては海外にまで出張しないといけないのですが、昨日は口腔外科界の大ベテラン香月武先生が高知に来てくれるとのこと。
これに参加しない手はなく、副院長と一緒に実習に参加させてもらいました。
内容は比較的ベーシックなものでしたが、最新の知見に基づく新しい手技や、教科書には載っていないコツも伝授してもらい、しんどいけど楽しい充実した1日となりました。
特に、ブタさんの下アゴを使った実習では、実際の手術のシミュレーションを何度も行い、非常に勉強になりました。
ここで学んだことを、すぐにでも実際の診療の場で生かしていきたいです。

有益な知識・経験を授けてくださった、佐賀医科大学名誉教授の香月武先生と、講習会の準備に奔走してくださった和田精密歯研㈱の皆さんに厚く御礼申し上げます。

カテゴリー: 院長ブログ   コメントをどうぞ
完走の記念写真

一緒に走ったエフエム高知の宮尾さんと記念写真!

今日は、朝から山北みかん健康マラソンに参加してきました。
ことの発端は、エフエム高知の営業さんが「せんせ~ いっしょにマラソン走りましょうよ~」と言い出したことでした。
「健康のために、ランニングをはじめた」と言ったのがまずかった。「まだ初心者だから」と固辞するわたしに、彼はいろんな甘言を弄してきます。
いわく
「7.6キロと距離が短いので、大丈夫ですよ」
「田舎道をゆったりランニングするだけです」
「美味しい豚汁や、おにぎり食べ放題です」
「山北みかんも食べ放題です」
そんなことを言われると「まあ、ランニングもこれからトレーニングすれば7.6キロくらい大丈夫かな?」「市内より、ちょっと田舎の方が走りやすそうかな?」「妻は3度の飯よりみかん好きだし、大会参加は良い目標に生るかな?」なんて思ってしまい「じゃあ、いっちょ走ってみるか」と申し込んだのですが……。

これがもう、ヒドイのなんの。
とにかく山ばっかりで平地がない。
必死で坂を駆け登るとすぐキツイ下り坂で、もうタイヘン。
上り坂は心肺機能に負荷がかかるけど、下り坂は足にくるのです。
練習では5キロくらい一息で走れるようにしていましたが、走り始めて1キロくらいで足に違和感を覚えて、頭の中で「棄権」の2文字が点灯しはじめました。なんと言っても、明日は仕事です。ペダルを踏めなくなれば、診療がストップしてしまいます。

借り物ですが、懸崖菊の写真です。

いろいろ後悔しつつ山道をアップダウン。途中海が見えたり懸崖菊が見えたりとイベントがありつつ、走ったり歩いたりしながら、なんとかヘロヘロでゴールしました。

しかし、恐ろしいもので、ゴールしてしまえば、途中の辛さを忘れてしまいます。
ちょっと痛む足を気にしつつも「来年は、もっと良いタイムを目指そう!」なんて思っちゃいました。
でも「山北みかん健康マラソン」って、良いネーミングですよね。
「みかん」と「健康」 のあたりが、微妙にソフトな感じを出していて、本当のキツさを覆い隠しているところがなんとも……。

カテゴリー: 院長ブログ   2件のコメント